学生時代に〇〇を頑張ったというだけの自己PR文

自己PRで多いのは、「〇〇時代、〇〇部に所属しており、つらい練習に耐え、県大会で優勝し、努力することの大切さを覚えました。」という文章です。

一見、一所懸命頑張った気持ちはわかるのですが、その経験が会社でどう生かせるかが全く分かりません。自己PRで書くべき内容の基本は、自分の強みや経験、努力したことなどと、会社が望む能力が一致する点です。

頑張ったことをひたすら書かれても、人事担当者には何も響きません。この手の自己PRはうんざりするくらい提出されますが、たとえエントリーシートを通過しても、このような自己PRを書く人は、やはり面接でも頑張った内容をひたすら訴えるだけです。

ほとんどエントリーシートで落とされるか、一次試験止まり。中には人手不足のブラック企業には内定するでしょうが、普通の企業ではまず相手にされません。

ではどうすればよいか。まず、自分の自己PR文をみて、「そこから得られたものは何か」を考えます。例えばスポーツで得られた経験が、「努力することの大切さ」だとします。

では次に、努力することの大切さが、受験しようとする会社や職種にどう役に立つかを考えます。ここが重要です。

ある意味で境目です。例えば就こうとする職種が営業職の場合、「この経験をもとに、私はこつこつとお客様を回り、営業成績に繋げていきます。」とまで入れると、人事は反応してくれます。

ここまで書けていれば、「可能性があるかな?一度会ってみようか」ということになります。さらに、「この経験は御社の○○という経営方針にも役立てると思います。」などと書いて、その会社の経営理念や、求める人物像に即していた場合、人事担当者は「この学生は必ず会わなくてはならない」と思うわけです。

具体的には、A3縦用紙くらいの紙の左半分に①自分の主張したいこととそれによって得られたことを箇条書きで書き出す。

その右半分に②その会社が求めている人物像、経営理念を書き出します。ここまでは決して文章を書かず、キーワードくらいの簡単な単語で書き出すことが重要です。

すべてを書き尽くした後で、用紙の左右を見比べて、共通点や関係する点を探していきましょう。もし共通点があれば、自分を活かせる会社であることが分かりますし、共通点や関係性が見いだせなかったら、自分にとって受ける意味のない会社です。

その関係性が見い出せたら、初めて文章を書いていきます。ここまでの組み立てが出来ていれば、その後は見違えるような生きた自己PRになっているはずです。

どうすればいいの?エントリーシートの自己PRの書き方

エントリーシートを作成する上で高確率で必要となる「自己PR」。採用担当者は、自己PRを通して「応募者はどのような強みを持った人間なのか」「自社で活躍できるか」を見ているため、非常に重要なアピールポイントになります。

しかし、実際に自己PRを書こうと思っても、どのような構成にすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?ここでは、そのような方に「PREP法」を使って自己PRを作成することをおすすめします。

「PREP法」とは「Point=ポイント又は結論」「Reason=その理由」「Example=具体例」「Point=再び結論」の頭文字をとったもので、この順序で構成すれば、説得力のある文章を書くことができます。

また、自己PRを書く際にはまず先に結論を述べることが求められるため、「PREP法」は非常に有効な手法です。

まずは、一番目の「Point」からです。ここでは、自分のアピールしたい強みを紹介します。「私の強みは高い英語力です」といったように、端的に書きましょう。

次に、二番目の「Reason」で、その強みが形成されたきっかけや理由を書きます。「10歳から18歳までアメリカに住んでいたため、日常生活の中で自然と身に付きました」といったような文章になります。

そして、三番目には「Example」で、前述の「Reason」に具体性を持たせるためのエピソードを書きます。

自分の経験を元にして、「取り組んだこと⇒課題の発見・解決・実行⇒得られた成果」といった流れで順序立てて構成すると、読み手にわかりやすくなります。

また、可能であれば、「得られた成果」の部分には数値等のデータを盛り込むことでさらに具体性が増し、且つ客観性も出ます。

最後に、再び「Point」です。ここで再び結論を持ってくるのですが、その際、「その強みを活かしてどのように働きたいのか」「どのような点で会社に貢献できるのか」を盛り込みましょう。そのようにすることで、エントリーシートを読む採用担当者に「自分は会社にとって有益な存在だ」とアピールすることができます。

「PREP法」を使った自己PRの書き方は以上になります。エントリーシートは自分を売り込むためのファーストステップであり、ここで採用担当者の目に留まるかどうかが非常に重要です。

皆さんも今回紹介した「PREP法」を使って、わかりやすくて論理的な文章で自分をアピールしてはどうでしょうか?

内定をもらえるエントリーシートのポイント

就活で必ずあるのがエントリーシートです。

エントリーシートとはあなたの今までの頑張ってきたことややってきたことを知りあなたがどんな能力を持っているのか、またどんな人柄なのかを知るための書類になります。

このエントリーシートで企業側はあなたがどんな人なのかを知ることができまた内定を出すかどうかの基準の一つにもしています。

しかしそのようなシートであるとわかっていても内定をもらえるようなエントリーシートにするにはどうすればいいのでしょうか。今回は内定をもらえるエントリーシートのポイントをいくつかご紹介します。

まずはエントリーシートではあなたが頑張ってきたことを記載することがよくあるかと思います。学生時代に頑張ってきたこと、例えばサークルや部活動、学外での活動もあるでしょう。アルバイトでの経験もあると思います。

しかし気をつけておかなければならないのがただ頑張ったことを書くだけではダメだということです。

頑張ったこと、工夫したことがあってそしてそれからどうなったか、結果がとても大切になってきます。結果までを記載しなければ内定に届くエントリーシートにはなりません。必ず結果までを記載するようにしましょう。

そしてもう一つ必要なことがそのあなたの能力や人柄が企業側に対してどのような価値をもたらすのか、企業に対しての自己PRも忘れてはいけません。

学生時代に頑張ったことをつらつらと書いて、結果も書いただけでは面接官はあなたが企業に入社したらどのような力を発揮してくれるのかがわかりません。

そうならないためにも企業の社風や仕事内容などに絡めてあなたの能力や人柄がどのように企業に貢献できるかを記載しましょう。

記載することで面接官もあなたがどのように働いてくれるの想像もできますし、内定を出すか出さないかの基準も出しやすくなります。

内容ができたらあとは書き方の問題もあります。もちろん相手が読みやすく理解しやすい書き方をすべきです。そのためにはまず最初に結論を述べましょう。

あなたの能力や人柄等一番伝えたいこと、自己PRしたいことを最初に持ってくることで面接官を引きつけることができます。

そしてその結論に結びつく部活動やアルバイト等での出来事を次に記載して最後に企業に入社したら頑張りたいこと、企業で発揮出来るあなたの能力を記載しましょう。

このような手順にすることで相手にも読みやすいエントリーシートになりますしあなた自身にとってもわかりやすいシートになります。

上記のポイントを理解して内定をもらえるような完璧なエントリーシートを作り出して就活を成功させましょう。