内定をもらえるエントリーシートのポイント

就活で必ずあるのがエントリーシートです。

エントリーシートとはあなたの今までの頑張ってきたことややってきたことを知りあなたがどんな能力を持っているのか、またどんな人柄なのかを知るための書類になります。

このエントリーシートで企業側はあなたがどんな人なのかを知ることができまた内定を出すかどうかの基準の一つにもしています。

しかしそのようなシートであるとわかっていても内定をもらえるようなエントリーシートにするにはどうすればいいのでしょうか。今回は内定をもらえるエントリーシートのポイントをいくつかご紹介します。

まずはエントリーシートではあなたが頑張ってきたことを記載することがよくあるかと思います。学生時代に頑張ってきたこと、例えばサークルや部活動、学外での活動もあるでしょう。アルバイトでの経験もあると思います。

しかし気をつけておかなければならないのがただ頑張ったことを書くだけではダメだということです。

頑張ったこと、工夫したことがあってそしてそれからどうなったか、結果がとても大切になってきます。結果までを記載しなければ内定に届くエントリーシートにはなりません。必ず結果までを記載するようにしましょう。

そしてもう一つ必要なことがそのあなたの能力や人柄が企業側に対してどのような価値をもたらすのか、企業に対しての自己PRも忘れてはいけません。

学生時代に頑張ったことをつらつらと書いて、結果も書いただけでは面接官はあなたが企業に入社したらどのような力を発揮してくれるのかがわかりません。

そうならないためにも企業の社風や仕事内容などに絡めてあなたの能力や人柄がどのように企業に貢献できるかを記載しましょう。

記載することで面接官もあなたがどのように働いてくれるの想像もできますし、内定を出すか出さないかの基準も出しやすくなります。

内容ができたらあとは書き方の問題もあります。もちろん相手が読みやすく理解しやすい書き方をすべきです。そのためにはまず最初に結論を述べましょう。

あなたの能力や人柄等一番伝えたいこと、自己PRしたいことを最初に持ってくることで面接官を引きつけることができます。

そしてその結論に結びつく部活動やアルバイト等での出来事を次に記載して最後に企業に入社したら頑張りたいこと、企業で発揮出来るあなたの能力を記載しましょう。

このような手順にすることで相手にも読みやすいエントリーシートになりますしあなた自身にとってもわかりやすいシートになります。

上記のポイントを理解して内定をもらえるような完璧なエントリーシートを作り出して就活を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です